REPORTS & HIGHLIGHTS Truck Series Xfinity Series

PHOENIX RACEWAY2022.11.4

REPORTSリポート

健闘むなしくトップ10に届かず完走フィニッシュ

#16:
一時はトップ10以内を快走するもレース終盤のリスタートでポジションを落とす。
シーズン最終戦の激しい順位争いに揉まれトップ10入りを逃す。

#61:
終始安定した走りでポジションを上げて行き、トップ10圏内に入る。
最終ピットストップで順位を落とし最後まで追い上げるも19位フィニッシュ。

PHOENIX RACEWAY Lucas Oil 150 フリー走行:
Nov.3 5:05pm(米国現地時間)
Nov.4 9:05am(日本時間)
予選:
Nov.4 5:00pm(米国現地時間)
Nov.5 9:00am(日本時間)
決勝:1mile
Nov.4 7:00pm(米国現地時間)
Nov.4 11:00am(日本時間)

Qualify予選

11月3日(木)17:05~練習走行が行われ、Chaseは全35台の中で18番目に速いタイムを記録し翌日の予選に備えた。
翌日4日(金)15:00~の予選は、1台ずつサーキットを走りラップタイムを競うタイムアタック形式で行われた。
Chaseは19番目のタイムを叩き出し、決勝は10列目内側からスタートを切ることとなった。

Final決勝

11月4日(金)19:00[米国時間]、アリゾナ州のPhoenix RacewayでNASCAR Camping World Truck Series 第23戦「Lucas Oil 150」、今シーズン最終戦となるグリーンフラッグが振られた。
1周1mile(1.6km)のトライ・オーバルコースを第1ステージ/45周、第2ステージ/45周、そして最終ステージ60周からなる計150周(150miles:240km)を争うレースがスタートした。
Car#61「IBARAKI TOYOPET TOYOTA TUNDRA」に乗るChase Purdy は、決勝を19位からスタートを切ると、立ち上がりのポジション取りに苦しみ順位を23位まで落とすが直ぐに挽回を見せ、第1ステージ終了の45周目を17位で走り抜けた。

IBARAKI TOYOPETチームはピットインしたChaseにタイヤ交換、燃料補給及びマシンに調整を施しコースへ送り出す。
第2ステージを17位でリスタートしたChaseはグリーンフラッグ下で自身の最速ラップを叩き出しながら順位を1つ上げ16位で第2ステージのフィニッシュを迎える。

チームは最終ステージに向けてピットインの指示を出しタイヤ交換と燃料補給さらにマシンに大幅な調整を加えてChaseを最終ステージへと送り出す。
今シーズン最後の戦いとなる60周の最終ステージはポジション争いが更に激化、2回の多重クラッシュが発生する荒れたレース展開となる。
ピットでの調整によりハンドリングが向上したマシンに駆るChaseは巧みなコントロールで順位を上げて行き134周目のイエローコーション時には9位までポジションを上げるも、残り周回が16周となりコース上では3つの異なる戦略に分かれレースが大きく変動する。
中団以降のマシンはピットインを行わず同じタイヤで最後まで走るギャンブル的戦略で順位を上げるが、先頭集団を走るほとんどのマシンはピットに向かうも4本のタイヤ交換を行うチームとアウト側の2本だけを新品に交換して素早くコースに送り出すチームとの間でここでも順位が目まぐるしく変動する。
チームは上位陣と同じ戦略を取り4本のタイヤ交換を行うもピットアウト時に他のマシンと交錯して大幅なタイムロスを喫してしまい24位からのリスタートとなった。
ここからChaseは渾身の走りで少しでも順位を上げるべく挽回を試みるも、レース終盤間際の更なるクラッシュからイエローコーションが発生し、残念ながらChaseはスタート順位と同じ19位で今シーズン最終戦のチェッカーを受けシーズンを締め括った。

Team Owner Shigeaki Hattori 服部茂章

今年はチャンピオンを獲得した2018年以来初めてプレイオフに残ることが出来ず、また優勝もする事が出来ませんでした。
今シーズンはチームとして初めて2台体制で参戦しましたが2台で戦う優位性を最後まで活かしきることが出来ませんでした。
またドライバーも経験豊富なAustin Hillから若手2人に変更しましたが、最後まで彼らの経験不足をチームが補えなかった事も敗因の1つだと思います。
来シーズンもNASCAR Truck Seriesは2月のデイトナから開幕して全23戦が組まれていますが、今シーズンの経験を活かし来季に向けたチーム体制作りを現在進めております。
最後になりましたが、苦しいシーズンにも関わらずサポート及び温かい応援を頂きました御協賛企業の皆様には大変感謝いたしております。
来季はまた強いチームになり戻って参りますので、来シーズンも引き続き応援よろしくお願い申し上げます。

PHOENIX RACEWAY 結果

CAR# ドライバー 予選 決勝 ランキング
16 Tyler Ankrum 24 14 12
61 Chase Purdy 19 19 16

今シーズンは今レースが最終戦となりました。
一年間温かいご声援を賜りまして誠にありがとうございました。
来シーズンも何卒よろしくお願い申し上げます。

※本リリースに関するお問合せ先
Vertex Sports担当:梶谷 Tel:03-5422-6600 Email:tkajigaya@vertex-sp.com

FOX HIGHLIGHTS ハイライト

<TOKYO Office>
東京都品川区大崎2-11-2-1503
TEL:03-5422-6600

<YOKOHAMA Office>
神奈川県横浜市中区初音町2-30-3 6F
TEL:045-325-9003