REPORTS & HIGHLIGHTS Truck Series Xfinity Series

KNOXVILLE RACEWAY2022.6.18

REPORTSリポート

Tyler / ダートコースに苦しむもトップ10入り

#16:
他車との接触によりマシンを損傷。ピットインを余儀なくされ順位を大きく下げるも怒涛の追い上げによりダートコースを9位でフィニッシュ。

#61:
シーズン2度目となるダートコースで大苦戦。レース終盤の大規模なクラッシュから間一髪で免れるも最後までペースを掴めずレースを終える。

KNOXVILLE RACEWAY CLEAN HARBORS 150 フリー走行:
June.17 6:05PM(米国現地時間)
June.17 8:02PM(米国東部時間)
予選:
June.18 6:00PM(米国現地時間)
June.18 6:15PM(米国東部時間)
June.18 6:30PM(米国東部時間)
決勝:
June.18 8:00PM(米国現地時間)

Qualify予選

Final決勝

#16 Tyler コメント:
最初のピットストップでセッティングが決まり良い走りが出来ました。レース中の接触でバンパーバーが損傷し、ピットインを余儀なくされました。それが無ければトップ5に入れていたと思います。
我々の調子は確実に上がってきているので、次戦のナッシュビルではより一層上位でフィニッシュ出来るように可能な限り好調を維持して頑張ります!

#61 Chase コメント:
順位を上げるべく戦い続けましたが、力を出し切る事が出来ませんでした。ダートコースでの戦略をチームの皆で試行錯誤し何度も改善を試みましたが、決定的な何かを見つけられぬままゴールとなりました。
今年のダートは今回で最後となりましたが、次戦のナッシュビルこそは、ここ数週間で築き上げてきた勢いを取り戻し本来の力を発揮したいです!




Team Owner Shigeaki Hattori 服部茂章

昨年のKnoxvilleはオースティンが優勝しましたが、ダートコースの走り方は極めて特殊で今年のドライバー2人はとても苦しみました。
Tylerは第1ステージで走り方のポイントを掴んだ様子でマシンのセッティングを少し変更すると、第2ステージからは見違えるようにスピードが上がりました。
しかし、ファイナルステージで他車との接触によりピットインを余儀なくされ最後尾まで順位が下がりましたが、そこからの追い上げは目を見張るものがあり、トップ10までポジションを挽回しました。
このところ順調に調子が上がっていたChaseですがダートコースでは最後までペースが上がらずに苦しみました。
NASCARシリーズは色々なタイプのレースがありますので、シリーズチャンピオンを獲得するには苦手なサーキットを作らないことが極めて重要だと改めて感じました。

KNOXVILLE RACEWAY 結果

CAR# ドライバー 予選 決勝 ランキング
16 Tyler Ankrum 13 9 14
61 Chase Purdy 27 20 15

次戦は、6月24日(金)テネシー州 Nashville Superspeedway にてNASCAR Camping World Truck Series 第14戦が開催されます。

※本リリースに関するお問合せ先
Vertex Sports担当:梶谷 Tel:03-5422-6600 Email:tkajigaya@vertex-sp.com

FOX HIGHLIGHTS ハイライト

<TOKYO Office>
東京都品川区大崎2-11-2-1503
TEL:03-5422-6600

<YOKOHAMA Office>
神奈川県横浜市中区初音町2-30-3 6F
TEL:045-325-9003